『シャーロック』第5話あらすじと感想。死体は歩く?母親の悲しい愛とパワハラの闇

シャーロック

『シャーロック』第5話ゲスト

 

乾千沙子(いぬいちさこ):若村麻由美

行方不明になった乾貴之の母。息子を溺愛し、息子が受けていたパワハラについても知っていた。

乾貴之(いぬいたかゆき):葉山奨之

松門建設入社4年目の設計士。大きなプロジェクトのコンペを任されたが、パワハラを受け行方不明に。

乾貴久(いぬいたかひさ):小市慢太郎

貴之の父。家庭に積極的ではなく、女性の影をにおわせるように外出することが多い。

町田卓夫(まちだたくお):永井大

大物議員の息子で松門建設営業部主任。ターゲットを定めてはパワハラを繰り返している。

清水弘人(しみずひろと):小澤亮太

乾貴之の同僚。町田にパワハラをされていたことがある。

真澄(ますみ):若月佑美

町田の恋人で、町田の部屋で大量の血痕を発見し、警察に通報した。

 

『シャーロック』第5話ネタバレ

松門建設営業部主任の町田卓夫(永井大)の自宅で大量の血痕が発見されました。

しかし、血痕の持ち主は影も形も見えません。江藤(佐々木蔵ノ介)、小暮(山田真歩)は町田を取り調べますが、町田が衆議院議員の息子だったことでストップがかかってしまいます。

そこで江藤は獅子雄(ディーン・フジオカ)に調査を依頼することに。致死量の血痕と残された「T.INUI」の遺留品から、血痕の持ち主は二日前から行方不明になっている乾貴之(葉山奨之)のものと断定されます。

乾の母親、千沙子(若村麻由美)の証言から、乾が町田からパワハラを受けていたことが判明。さらに、町田の元には乾から「パワハラを訴える」とのメッセージが。

パワハラの実態を調査するも、会社の人間は「乾をかわいがっていた」と言い、口をつぐみます。

 

 

そんな折、町田がバッドで殴打され大けがをする事件が発生します。

犯人は乾なのでしょうか?

獅子雄と若宮(岩田剛典)は千沙子のもとを訪ね、話を聞くことに。千沙子は乾がパワハラに悩んでいたこと、父親(小市慢太郎)は外に女性がいるらしく、あてにはならないことを話します。

若宮は、千沙子が医療関係者なのではないかと気付き、千沙子が結婚前は優秀なオペナースだったことを突き止めます。乾貴之は母親からの愛情の重さとパワハラのプレッシャーに耐えられなくなったための自殺でした。

第1発見者である千沙子が、町田を告発するために遺体から血を抜き、町田の部屋に血を撒いたのです。乾の遺体は元ナースだった千沙子の手によってエンバーミング(死体保存)され、自宅に隠されていました。

息子の真実に気付いた千沙子は、やっと涙を流すのでした。

 

 

シャーロック第5話 推理ポイント

毎回、小さなポイントから真実を導き出す獅子雄の着眼点。今回はどういうところが気になったのでしょうか?

そんなことに気付くのか!というポイントで真実にたどり着くのはさすが獅子雄です。

 

獅子雄のポイント

・話をしている最中、ずっとスマホを気にする町田。

・テレビでは化粧をしていなかったのに、家では化粧をしていた千沙子。

・時期外れに飾られたクリスマスツリー。

・広い水槽に2匹しかいないグッピー。

・不自然に曲がったドアノブ。

 

若宮の推理ポイント

・千沙子の包帯の巻き方は医療関係者のもの。

 

第5話の感想

 

パワハラは働く人たちにとって、他人事ではない問題です。結果として裁かれることのない町田にイラだちを覚えてしまいます。

永井さん、イラっとする役してますねー!「特命係長 只野仁」のころとは大違いです。

貴之のお父さん。女の影が!と思ったら、奥さんに相手にされなくてさみしくて部屋借りてたって…どんだけ弱いのでしょう。

あまり口は出さないけれど、陰では息子のためにがんばっているお父さんかと思いきや、とんでもない情けないお父さんでした。

千沙子ママは圧巻の演技。ぐーっと引き込まれて、子どもを愛する母親としての気持ちや子離れできない母親像にゾクッとしてしまうほど。
さすが若村麻由美さんです。

清水は被害者から加害者にまわってしまったという典型的な例。視聴者の気持ちは小暮が代弁してくれています。「アンタ、最低ね」個人的には、清水役の小澤亮太さんには自身のカラーが出せる役をやってみてほしいなと思っています。

 

エンバーミング(死体保存法)とは?

今回、耳慣れない言葉が出てきました。

「エンバーミング」

遺体の腐敗を防ぎ、感染症などを予防するほか、傷ついた遺体を修復し、生前の状態に近づけたりします。日本は火葬なのであまり聞きなれませんが、欧米では一般的な処置方法となっています。

日本では1988年に導入されて以来、エンバーミングの件数は増加傾向にあります。

日本においては感染症のリスクは少ないですが、出来る限り生前の状態を保ちたい、ゆっくり故人を見送りたい人が増えているためと考えられています。

 

『シャーロック』第5話の見どころ

第5話の見どころは、なんといっても若宮に操られる獅子雄じゃないでしょうか。なんとかして事件の協力を仰ぎたい江藤だけど、うまく獅子雄を動かすことが出来ないでいると、若宮が言います。

「死体はどこにあるのかなー?」

「死体が歩いたのかなー?」

それを聞いた獅子雄は「死体は歩かない!オレが証明する」と言って乗り出します。うまく獅子雄を動かす術を覚えた若宮。おまけに江藤に報酬は前払いだと念を押すところも慣れたものです。

若宮の成長?も毎回楽しみですね。

 

『シャーロック』第6話のあらすじは?

シャーロック第6話は、前世で殺人を犯したかもしれない女子高生の事件です。

ゲストは実力派として話題、『初めて恋をした日に読む話』でエトミカを演じた吉川愛さんと『陸王』や『トレース〜科捜研の男〜』にも出演していた和田正人さん。

前世での殺人がどのように決着するのか、いまから楽しみです!

 

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました