『クリミナル・マインド FBI行動分析課』出演キャストを調査!あなたの推しキャラは誰!?

クリミナル・マインド

クリミナル・マインドは、アメリカCBSの人気テレビドラマシリーズで、日本では、2007年にWOWOWでシーズン1が放送されて以来、犯罪ドラマの王道をゆく1話完結の犯罪ドラマです。

凶悪なシリアルキラーが登場し、身の毛もよだつような犯罪がおきますが、BAUのメンバーが犯罪心理と行動分析とネットを駆使し、犯人にたどり着きます。

そのプロファイリングや行動分析の過程もさることながら、個性的なメンバーも魅力の一つとなっています。こういうシリーズ物のドラマって、シリーズを重ねるごとにそれぞれのキャラクターの人生の選択や成長を共有でき、どんどん感情移入していっちゃいます。海外ドラマの大きな魅力ですよね〜

それでは、BAUの個性的な面々をみていきましょう。

 

『クリミナル・マインド』のキャスト

現在シリーズ13時点でのレギュラーメンバーは、8人。

シーズン1から現在まで全シリーズ出演しているキャストのひとりが、Dr.スペンサー・リード。

 

Dr.スペンサー・リードはIQ187、数学・工学・化学の博士号を持つ天才です。

速読と記憶力に長けている彼は、その豊富な知識を駆使して操作に挑みます。

シーズン1の頃のDr.スペンサー・リードは、まだ若く、天才ゆえ場の空気が読めなかったりして、それにうんざりするメンバーの様子が「やれやれ。。」的な笑いを誘っていました。

同じメンバーのJJやモーガンと兄弟のように接することで人間的にも成長していきます。イケメンではないですが、一度見たらわすれないタイプの顔で、ほっとけない頭の良い弟的な存在になっています。

実は統合失調症の母をもっており、自分にも遺伝しているのではないかという恐れを常に持っています。

 

同じく全シリーズ等して出演しているのは、ペネロープ・ガルシア。

FBI特別捜査官ですが、プロファイラーではなく、テクニカルアナリストだそうです。ネットを駆使し、事件解決のヒントとなる情報を素早くメンバーに提供します。

特技はハッキングとクロス検索。

ガルシアにかかったら、個人情報なんてすぐに暴露されちゃいます。

仕事柄、陰惨な写真やデータを扱うので、少しでも気分をあげるために原色をつかったファッションをすることが多く、PCの周りもキュートなもので飾り立てています。

ファッションセンス同様、言動もユニークで変わり者。モーガンとのやりとりは、男女間の友情を越えた愛に満ち溢れています(笑)

 

愛称JJことジェニファー・ジャロウ。

最初は情報調整および渉外担当で、マスコミを集めての記者会見を設定したり、または報道を止めたりする役割でしたが、途中からプロファイラーに昇格します。

格闘技にも長けた美女で、細身の体から繰り出されるキックは華麗で強烈!警察官の夫を持ち、2人の息子に恵まれて、仕事と子育てに奮闘する日々です。幼い頃、姉が自殺しており、それがずっと心の傷になっています。

 

 

通称「伝説のプロファイラー」と呼ばれるデヴィット・ロッシは、ホッチナーや初代リーダーのギデオンのプロファイラーの師です。見た目は紳士的ですが、実は離婚歴が3回あるという設定です。プロファイリング関連の著書の出版や、講演も多く開催しておりファンも多く、彼の影響によってFBIを志したもの多数います。

 

エミリー・プレンティスは、外交官の母を持つ女性捜査官です。明るく快活で、行動力があり、タフな活躍を見せます。国際刑事警察機構で潜入操作をしていた時期もあり、その時の因縁で国際的テロリストに命を狙われたこともあります。テロリストから身を守るため、表向きは死亡したとして身を隠すというエピソードもありましたが、シーズン12の途中からBAUに復活。ホッチナーにかわり、メンバーをまとめる役になっています。JJとガルシアとは窮地をくぐりぬけてきた親友です。

 

Dr.タラ・ルイス。司法心理学者とBAUを兼任しています。登場回数は少ないですが、被害者家族への聞き取りなど、細かな配慮が必要な時は彼女の出番です。

ルーク・アルヴェルトは、元陸軍兵士。シリーズ11の最終話で収監されていたシリアルキラー13人が脱獄するという事件が起こり、BAUにヘルプにきました。逃亡者の追跡に長けており、その後そのままBAUのメンバーとなりました。

 

BAUのリーダーは、長きにわたってアーロン・ホッチナーでした。最愛の妻をシリアルキラーに殺害されるという悲しい過去を背負っています。一人息子のジャックをこよなく愛し、息子のためならすべてを捨てるという感じですが、仕事には冷静沈着で変わり者ぞろいのBAUのメンバーをうまくまとめていましたが、シリーズ12で突然降板してしまいます。ストーリー上では、今まで仕事で犠牲にしてきた息子との時間を大事にしたいという理由だったようです。

 

BAUのイケメンといえば、デレク・モーガンでしたが、シーズン11で家族を守るため退職。でもその後も時々メンバーをたすけるためゲスト出演するようです。情に厚く、心優しい性格で、チームのムードメーカーでした。デートの相手にも不自由しなさそうなイケメンですが、口とは裏腹に誠実で真摯なところがまた女性ファンを惹きつけるところですね。
そんな彼も幼い頃、性的虐待を受けたという悲しい過去があり、それを背負って生きています。

どうですか?まだこの他にも色々個性的なキャラクターが登場します。ぜひあなたの推しキャラを見つけてくださいね!

 

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました