12月13日公開の映画”ジュマンジ/ネクスト・レベル”はもはやクリア不可能!?

ジュマンジ

昔の『ジュマンジ』のあらすじをおさらい!

”ジュマンジ”は元々は1982年に発表された絵本であり、また同作中に登場するボードゲームの名前でもあります。

1995年に同名にて映画化された際はファンタジー色の強い作品でした。

 

 

主人公の少年アランはある日、土の中からジュマンジというボードゲームを見つけます。

アランが友人の少女サラとジュマンジで遊んでみようとサイコロを振ったところ、彼はゲームの中に吸い込まれてしまいました。

ジュマンジは止まったマスに書かれている内容が現実として起こり、誰かがゴールするまで終わることがない魔法のゲームなのでした。

この現象に恐ろしくなったサラはその場から逃げ出し、アランは行方不明者として扱われることに。

 

そして26年後、空き家となったアランの家にジュディとピーターという姉弟が引っ越してきます。

2人は屋根裏でジュマンジを発見。

既に盤上にあった2個の駒は動かすことができず、仕方なく新たな駒を使って遊んだところ巨大な蚊やライオンなどを召喚してしまいます。

その際に閉じ込められたアランを復活させる条件を満たしたため、大人になった彼は現実世界に呼び戻されることに。

プレイヤーが揃っていないとゲームが進まない(終わることができない)と気付いたアランはサラを探しだしてゲームの続きをするのですが……。

 

本作はその後、2017年に続編として”ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル”が公開されました。

 

前作のラストでアランたちが川に捨てたジュマンジが、ヴリークという人物によって拾われます。

ブリークは息子のアレックスにそれを見せますが、彼は古いボードゲームには興味を示しませんでした。

するとその夜、ジュマンジはなんとボードゲームからロムカセットへと姿を変え、ゲームを始めたアレックスは行方不明となってしまいます。

20年後、問題行動を起こして地下室の掃除を命じられた4人の高校生スペンサーたちは、そこでゲーム機を発見します。

掃除をサボって遊ぼうとしたところ彼らもまたジュマンジの中に吸い込まれ、彼らはアレックスと協力してミッションをクリアし、ジュマンジからの脱出を図る……というお話です。

 

ジュマンジとは時代に合わせて進化するゲーム!?

初代ジュマンジがボードゲームであり、続編ではロムカセットへと変化。

最新作となる”ジュマンジ/ネクスト・レベル”ではネットゲームの要素が取り入れられています。
時代が変われば遊びも変わります。

ボールなどを使って外を駆け回る遊びからボードゲーム、そしてコンピュータの発展とともにビデオゲームへ。

 

ファミコンやプレイステーションが全盛期の頃は、ゲームは誰かの家に集まってわいわいと楽しむものでした。

それこそボードゲームの延長のようなもので、すごろくやカードゲームがコントローラーとテレビモニタに成り代わったのです。

そこにネット環境が整備されると、プレイヤーは生身ではなくゲーム世界でつながるようになりました。

ログイン・ログアウトの概念が生まれ、プログラムされた電子の世界を仮想現実として舞台にする。

 

”ジュマンジ”はこの時の流れに取り残されることなく常に進化し続ける、まさしく魔法のゲームといえるでしょう。

このシリーズの面白いところは、”ジュマンジ”が人間に恐怖を味わわせたり滅ぼそうとしたりしない点です。

つまり人間を駒にこそするものの、ルールはあくまでもフェアであり、プレイヤー(人間)がゴールすればきちんと解放されるわけです。

そう考えると”ジュマンジ”は遊び相手を探している、と捉えることもできます。

”ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル”でボードゲームからロムカセットに変化したのも、人間に興味を持ってもらうため――すなわち遊び相手になってもらうための進化と言えるでしょう。

こうして人間は文字どおりまんまと「駒」にされてしまうわけですが、そこから脱出する方法はゲームを終えること。

そのためにはゲームに参加したプレイヤー全員が協力し合う必要があります。

この「協力」というのが肝で、誰かが誰かを陥れようとしたりゲームの続行を中断しようとしたりすれば永遠に”ジュマンジ”から逃れることはできません。

ミッションによっては駆け引きも必要となる局面はありますが、その場合も相手は”ジュマンジ”。

ボードゲームやビデオゲームの枠には収まらない、壮大な遊び……プレイヤーたちの純粋な力量が問われるゲームには必ず終わりがあるのです。

 

 

 

最新作”ジュマンジ/ネクスト・レベル”は”ジュマンジ”のほうからやって来たのではなく、ゲームを始めるきっかけはスペンサーの好奇心です。

前作で壊した”ジュマンジ”を彼がわざわざ復元させたのは、当時の興奮が忘れられなかったから。
それだけの魅力があったのか、あるいは不思議な力が彼にそう思わせたのか……?

ともかく好奇心が引き起こしたゲームはかつての4人を集めることとなり、再びクリアを目指して戦うことに。

 

しかし復元が不完全だった”ジュマンジ”はバグだらけでジャングルに氷山、砂漠などこれまで見たことのないステージが追加されています。

はたしてスペンサーたちは無事にゲームを終えることができるでしょうか?

”ジュマンジ/ネクスト・レベル”の公開は2019年12月13日です。

劇場に行ってもゲームの世界に吸い込まれることはありませんのでご安心を……。

 

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました