映画『再会の夏』は動物嫌いな人こそ観る価値がある、哀情と愛情の物語

再会の夏
無料でこの動画を見る方法教えます

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメの最新作まで13万本が見放題!
会員数200万人を突破した日本最大級の動画配信サービス!
見逃し放送も後でゆっくり見られます。

⇒動画はコチラ
31日間は無料体験可能です


映画『再会の夏』の概要とあらすじ

原作はフランスで最も権威のあるゴンクール賞受賞者で、国境なき医師団の創設者としても名高いジャン=クリストフ・リュファンによる、史実をベースにした歴史小説『赤い首輪』。

モーリス・ジェヌヴォワ文学賞を受賞しているベストセラーです。

内容はフランス版の忠犬物語といえばイメージしやすいでしょう。

 

「再会の夏」予告編

 

『再開の夏』の舞台は1919年の夏、フランスのとある田舎町。

時は第一次世界大戦が終結した頃です。

戦争で武勲をあげ、英雄と称されるジャック・モルラックがある事件をきっかけに投獄されてしまいます。

 

彼ほどの功績があれば「自分は無実だ」と否認すればこれまでの戦果からお咎めなし、となる可能性は大いにありました。

しかしジャックはそうしようとせず、まるで極刑になるのを望んでいるかのように黙秘を貫きます。

処遇をどうするべきかを決するため、パリからランティエという軍判事が派遣されました。

 

留置所の外には昼も夜も関係なく吠え続ける1匹の犬がいました。

夏の暑さで喉も渇いているはずなのに水も飲まず、ただ嘆くように吠え続けるその犬を町の人たちはただ見守るばかり。

 

ランティエはその犬のことを気にかけつつ、ジャックと対話を重ねていきます。

彼が語ったところによれば外にいる犬は戦争中、相棒として戦ってきた仲であるといいます。

戦の不条理や残酷さ、軽々しく扱われる命のやり取りを前に、ジャックはその犬をパートナーとして窮地を脱してきたのです。

 

さらにランティエは調べを進めるうちに農園を所有する若い女性ヴァランティーヌの存在にたどりつきます。

農業従事者にしては博学、進んだ倫理観と達観した思想の持ち主である彼女の正体は――?

はたしてランティエはどのような判決を下すのでしょうか……?

そして吠え続ける犬は一体どうなるのでしょうか……?

 

 

そもそも犬は人間にどんな想いを抱くのか?

 

 

本作『再会の夏』の重要なテーマのひとつに、”人と犬との友情”があります。

ご存じのように犬は人間にとって古くからのパートナーです。

その活躍の場は広く、番犬やタレント犬、災害救助に麻薬捜査、セラピー犬等、世界中のあらゆる場所で仕事をしています。

 

日本では多くはペット(愛玩動物)としてのイメージが強いですが、近年はコンパニオンアニマル(伴侶動物)として人と犬との境がより縮まっています。

 

このように人との関わりが長く深い犬ですが、見せる感情もきわめて豊か。

尻尾を見れば喜怒哀楽が分かる、と言われたのも今は昔。

彼らは全身を使って感情を表現します。

吠える声にも無数のパターンがあり、嬉しいときと悲しいときの瞳の輝きは犬とそれなりに触れ合ってきた人間にはすぐに分かります。

 

他にも背中の毛を立たせている、耳の垂れ具合、マズル(鼻先から口の周り)の動き等、ポイントは無数にあります。

こうして犬が自分の気持ちを表現していることを人間が理解できる(理解しようとしている)のも、それだけ付き合いが長かったからでしょう。

創作にせよ実話にせよ、人と最も触れ合う機会が多い犬だからこそ、さまざまなストーリーが生まれるのです。

言うまでもなくそれらはハッピーエンドばかりとは限りません。

 

優しい飼い主に恵まれた犬、活躍の機会を得た犬がいる一方で、引き取り手がなく殺処分されてしまう個体も毎年数万頭います。

美談の裏にはそうした負の面もあるのです。

その事実を心のどこかに留めおいてから本作を観ると、またちがった感動を覚えることでしょう。

 

 

『再会の夏』製作陣は実力者揃い!

本作の監督は『画家と庭師のカンパーニュ』をてがけたジャン・ベッケル氏。

その他の代表作に『クリクリのいた夏』、『ピエロの赤い鼻』などがあり、いずれも少数の登場人物の心理描写や生い立ちに重きを置いた作風で知られています。

またジャック・モルラック役を『ダリダ~あまい囁き~』のニコラ・デュヴォシェル氏、ランティエ少佐役を『最強のふたり』のフランソワ・クリュゼ氏が演じます。

 

そして忘れてはならないのが忠犬の存在。

ジャックの相棒を演じたのはボースロン(フランス原産・ドーベルマンの原種犬)という犬種のイェーガー君(3歳)。

顔・頭・体格がよい美形犬種として知られ、イェーガー君は2016年フランス国内で「一番美しいボースロン」に選ばれた名犬中の名犬とのこと。

名監督に名役者、さらに名役犬(?)が加わり、ひとりの兵士と忠犬の物語は丁寧に描かれます。

 

日本では忠犬といえばその名のとおり”忠犬ハチ公”がメジャーですが、実はこうした人と犬との情愛の物語は世界中に存在します。

この”再会の夏”もそのひとつですが、あまり知られていません。

なぜなら原作である『赤い首輪』は日本語訳がされていないからです。

そのためフランス語が理解できなければ読むことができません。

 

しかし今回、映画化されしかも日本でも公開されるおかげで、この愛と友情の物語にスクリーンで触れることができます。

『再会の夏』公開日は2019年12月13日。

私たちにとってあまりに近すぎる存在である犬。

そんな犬とひとりの兵士が育んだ友情の物語を観てみませんか?

 

無料でこの動画を見る方法教えます

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメの最新作まで13万本が見放題!
会員数200万人を突破した日本最大級の動画配信サービス!
見逃し放送も後でゆっくり見られます。

⇒動画はコチラ
31日間は無料体験可能です


コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました