『うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~』アニメ化!過去と最新作の内容を比較

うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?
無料でこの動画を見る方法教えます

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメの最新作まで13万本が見放題!
会員数200万人を突破した日本最大級の動画配信サービス!
見逃し放送も後でゆっくり見られます。

⇒動画はコチラ
31日間は無料体験可能です


まずはタマたちの歴史を振り返ろう

 

タマの元祖は1983年に発売されたキャラクターグッズ。

当時は『タマ』もしくは『うちのタマ知りませんか?』という名前でよく知られていました。

飼い猫を探すポスターをモチーフにしていることが人気を呼び、グッズは文房具、さらには学習ドリルのキャラクターとして起用されるなど今なお高い評価を得ています。

 

主人公のタマはたけしの飼い猫。

頭のブチとカギ尻尾が特徴の猫で、勇気と行動力にあふれています。

ヒロインとなるモモは花屋の娘・エミちゃんの飼い猫。

お転婆で気の強いところは当時、そうしたキャラクターが受けていた影響もあります。

 

他にもトラやノラといった猫、犬ではポチやクロなど多くのキャラクターがおり、わずかに登場する人間はあくまで脇役という位置づけです。

こうした設定や世界観を確立し、1989年にはOVA化、1993年には劇場アニメ、翌1994年にはテレビアニメ化されるなど、コンスタントにメディアへの露出を重ねていきました。

それから22年後、2016年~2018年にかけて”タマ&フレンズ ~うちのタマ知りませんか?~”というタイトルにて再びアニメ化。

ここまではキャラクターグッズのデザインに忠実な癒し系アニメが続いていたのですが……。

 

シリーズ最新作のタマたちは男の子……!?

 

日本は擬人化が得意です。

艦船やお城、家電製品にいたるまでとにかく擬人化します。

その得意分野が40年ちかく愛されているタマたちに発揮されない理由がありません。

ということで2020年1月放送予定のテレビアニメ”うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~”ではなんと、タマたちが男の子の姿になって登場です。

 

現時点ではストーリーの詳細は明かされていませんが、公式HPによるとふわふわの耳とかぎしっぽを持つ少年が、迷子猫を探しているというポスターを眺めているシーンがありそうです。

そのポスターに描かれているのはまぎれもなく”猫の姿をしたタマ”なのですが……?

モモやポチたちも同じく少年姿となって、舞台となる3丁目を所狭しと駆けまわる展開になりそうです。

見た目は変わっても行動力は変わらないということなのでしょう。

しかし擬人化してもタマやモモにはやはりそれぞれに飼い主がいる様子。

彼らとの関わりがどのように描かれていくかも注目です。

 

そもそも人間と猫の関わりって?

 

人間にとって最も古くそして付き合いの長いパートナーは犬ですが、暮らしの中にあっては猫との関わりも相当に歴史があります。

たとえば知られている中で最古のものとして、キプロス島の遺跡から発掘された9500年前の人と猫の遺骨が挙げられます。

埋葬状態からこの頃には既に猫をペットとして飼っていたか、あるいはごく近い環境で共存していたことが指摘されています。

エジプトでは崇拝の対象とされ、バステト女神として神格化されていました。

 

日本においては稲作が行なわれるようになった弥生時代頃、倉の米を狙うネズミ避けとして猫が人間社会に溶け込むようになったとの説があります。

名前の由来はよく寝ていることから「寝子(ねこ)」とするものや、虎に似ていることから「如虎(にょこ)」とするものなど諸説あり、はっきりとはしていません。

現在ではネズミを追い払う益獣としての役目はほぼなくなり、コンパニオンアニマル(伴侶動物)として飼われるようになりました。

さまざまなコマンド(命令)に従う犬が盲導犬や災害救助犬として活躍するのに対し、元来単独行動をとる猫は使役されることはありません。

 

このように今でこそ身近な存在となった猫ですが、そのきっかけとなった猫ブームが1980年代と2010年代に起こっています。

前者は暴走族風の恰好をした『なめ猫』、後者は記憶に新しい、和歌山電鉄貴志駅のたま駅長です。

これによって猫関連のグッズが飛ぶように売れ、猫を飼う世帯が増えるに合わせてペット可の賃貸住宅も増加していきました。

 

反面、猫の繁殖力をあなどったために個体数が増え、多頭飼育から飼育崩壊を起こし、野良猫問題に発展する原因ともなりました。

それを解決すべく地域猫活動なるものも各地で行なわれるようになり、市民団体と各自治体が力を合わせて野良猫の殺処分をゼロにすべく奮戦しています。

長い歴史を振り返れば人間と猫との付き合い方はそれぞれの時代で大きく異なり、現在もまたその過渡期にあるといえるでしょう。

 

身近であるがゆえに距離感も変わってくる……。

そんな時の移り変わりを、マイペースと言われる猫たちはどのように見ているのでしょうか?

動物をメインに扱ったアニメ作品というのは実はあまり多くありません。

どうしても子ども向けになりがちで、教育用や玩具の販売が前提となって自由度が制限されてしまうからかもしれません。

 

しかし”うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~”ではその問題を克服(?)し、タマたちも時代の流れに合わせて人間の姿になることができました。

登場人物……もとい登場猫や犬たちは美形から童顔まで美男美女揃い!

きっとお気に入りのフレンズが見つかることでしょう。

 

無料でこの動画を見る方法教えます

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメの最新作まで13万本が見放題!
会員数200万人を突破した日本最大級の動画配信サービス!
見逃し放送も後でゆっくり見られます。

⇒動画はコチラ
31日間は無料体験可能です


コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました