『テセウスの船』第1話ネタバレと率直な感想

未分類
無料でこの動画を見る方法教えます

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメの最新作まで13万本が見放題!
会員数200万人を突破した日本最大級の動画配信サービス!
見逃し放送も後でゆっくり見られます。

⇒動画はコチラ
31日間は無料体験可能です


2020年1月期、期待値の高いドラマのひとつ『テセウスの船』の放送が開始されました。

『テセウスの船』初回の平均視聴率は11.1%。

前クールの『グランメゾン東京』の初回視聴率は12.4%なので、少し落ちるものの2ケタ発進となかなかの滑り出しといったところでしょうか。

そんな『テセウスの船』のネタバレと感想です。

『テセウスの船』登場人物

 

田村心:竹内涼真

生まれる前に父親が殺人罪で逮捕されている青年。世間の目から隠れるように生きていた。

 

田村由紀:上野樹里

心の妻。心の父の事件の真相を調べている。

 

田村(佐野)和子:榮倉奈々

明るい肝っ玉母さんだったが、夫の事件後、旧姓の田村に戻し「笑うことも泣くことも許されない」と息をひそめて生活している

 

佐野文吾:鈴木亮平

心の父で、音臼村の駐在だった。家族思いの心優しい父親だったが、心が生まれる少し前の1989年に「音臼小無差別殺人事件」の犯人として逮捕される。死刑判決が出た後も無罪を主張し続けている。

 

田村鈴:貫地谷しほり

心の姉。加害者家族として父を恨み生きている。顔に、幼い頃に負った凍傷の跡がある。

 

佐野鈴(幼少期):白鳥玉季

心の姉。明るい女の子。

 

佐野慎吾(幼少期):番家天嵩

心の兄。元気な男の子。

 

木村さつき:麻生祐未

事件のあった音臼小学校の教師で、生徒からも慕われている。

 

木村敏行:不破万作

木村メッキ工場の経営者でさつきの父

 

金丸茂雄:ユースケ・サンタマリア

仙南署の刑事で、狙った獲物は逃さない。どこからともなく突然現れた心を疑い、正体を知ろうとする。

 

長谷川翼:竜星 涼

音臼村の新聞配達員。心を疑い、村から追い出そうとする。

 

佐々木紀子:芦名 星

長谷川翼の婚約者で、木村さつきの父が経営するメッキ工場で働いている。

 

石坂秀夫:笹野高史

音臼村小学校の気さくで朗らかな校長先生。

 

井沢健次:六平直政

村のまとめ役。音臼村で商店をしている。

 

田中正志:せいや(霜降り明星)

村の名士である父親の介護に音臼村に通う青年。

 

徳本卓也:今野浩喜

無口で、何を考えているかわからない。農家をしている。

 

『テセウスの船』第1話あらすじ

 

1989年に起こった「音臼小無差別殺人事件」の犯人として、音臼村の駐在・佐野文吾が逮捕されました。オレンジジュースに混入された青酸カリで多くの死傷者を出した事件は現役警察官による殺人事件ということもあり大きく話題になりました。

逮捕後に生まれた佐野の息子・心は、加害者家族として世間から強いバッシングを受けながら母、兄、姉とともにひっそりと隠れるように生きてきました。

人前で笑うことも泣くことも許されなかった人生で、心を受け入れてくれたのは妻・由紀。由紀は心に過去のとらわれず生きてほしいと願い、殺人事件について調べていました。

そんな由紀の死をきっかけに、心は父の事件と向き合うことを決意し、事件のあった音臼村を訪れると、突然、霧に包まれ、なぜか事件の起こる直前の1989年にタイムスリップしてしまいます。

そこで、事件が起こる前の父・文吾、母・和子ら家族と出会うのでした。

 

『テセウスの船』第1話 ネタバレ

タイムスリップした心は、事件が起こる前の幸せな家族を目の当たりにします。そして、事件が起こる前ならば、事件を阻止することもできるのではと考えます。

由紀の調べで、音臼村では無差別殺人が起こる少し前から不可解な事件や事故が相次いでいることがわかっていました。

心は最初の異変である千夏ちゃんの農薬誤飲事故を阻止しようと、その農薬を処分しますが、千夏ちゃんは農薬を飲んで死亡してしまいます。そしてその影には父・佐野文吾の姿が…。

 

一方、佐野文吾は突然現れた心を怪しんで心のことを調べます。心の財布からは見たことのないお札(現在のお札は2004年にデザイン変更されている)に平成27年発行の運転免許証。佐野はますます心を怪しみます。

心は音臼村で起こる事故のひとつ、木村メッキ工場の社長が雪崩に巻き込まれるのを防ぐことに成功します。

そんな心の元に、佐野文吾から連絡をもらったという金丸刑事が訪ねてきます。金丸は、千夏ちゃんの事件で執拗に心を疑います。

 

ある日、千夏の姉・明音が行方不明に。天候が悪く吹雪いている中、村人総出で明音を探していると、森の中から銃声が聞こえ、心は森へ。

すると、崖の下の出っ張りにいる佐野と明音を見つけます。なんとかして明音を引き上げるものの、足を怪我をした佐野を引き上げることができません。

「おれはいいから、明音ちゃんを。子どもを守るのが大人の使命だ」という佐野の言葉に、「あなたに生きていて欲しい」と言う心。心はなんとか佐野を救うことができ、佐野は自分の父で殺人犯なんかではないと信じることが出来たのでした。

ふたりきりの露天風呂で、佐野は心に疑問をぶつけます。「未来の免許証、あれはどういうことだ?」心は、信じてもらえないと思うと言いながら、未来から来た事を話します。

「そっか、そうでないと説明つかないもんな」と言いながらくちぶえを吹く佐野。それは心が幼いころから耳に残り、自分の子にもよく聴かせた曲だったのです。佐野と繋がっていたことを知った心。

そして佐野が父親でよかったという思いを噛みしめるのでした。

 

『テセウスの船』第1話を見た感想

ぎゅーっと詰まった第1話でした。思った以上に展開が早く、この先の内容の濃さをうかがい知ることが出来ました。

なんといっても鈴木亮平さんが素晴らしかったです。怪しさ満載の表情も、心と打ち解けた露天風呂でのシーンも。

他にも、怪しい人物がたくさん出てきて、一体誰が犯人なのか、なぜ佐野は逮捕されることになったのか、ドキドキで次回が待ち遠しいです。

第2話は1月26日(日)21:00~放送開始です。

 

無料でこの動画を見る方法教えます

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメの最新作まで13万本が見放題!
会員数200万人を突破した日本最大級の動画配信サービス!
見逃し放送も後でゆっくり見られます。

⇒動画はコチラ
31日間は無料体験可能です


コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました