『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』感想とネタバレ

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。
無料でこの動画を見る方法教えます

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメの最新作まで13万本が見放題!
会員数200万人を突破した日本最大級の動画配信サービス!
見逃し放送も後でゆっくり見られます。

⇒動画はコチラ
31日間は無料体験可能です


『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』このタイトルを見たとき、どんなドラマなのか、まったく予想できませんでした。

「世の中のグレーな部分にシロクロをつける」のキャッチコピーで、面白そうだなと思いつつも当たり外れの大きそうな不安があったのですが、実際はどうでしょうか?

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』1~3話ネタバレと感想

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』1話 「令和の最凶バディ誕生!忖度や圧力にあふれるグレーな現代…」

平均視聴率9.5%

メインゲスト

江本達郎:和田正人
横山愛菜:安田マユミ(整形前)/山口真帆(整形後)
花咲義弘:遠山俊也

花咲義弘が院長を務める花咲クリニックで整形した横山愛菜が、整形の失敗を訴える動画を世間に流し自殺したと思われていた事件。
真相は、横山愛菜にゆがんだ愛情を抱く、愛菜の勤める会社の社長・江本達郎による殺人でした。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』2話「カネとコネまみれの大学入試」

平均視聴率7.9%

メインゲスト

岸本大樹:阿南健治
岸本俊一:中尾暢樹
池渕淳二:モロ師岡
柳本育郎:渡辺裕之

直輝(横浜流星)が通う東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本大樹が刺される事件が発生。犯人は3浪中の浪人生で、岸本が息子を不正入学させたとの情報が流出したことが原因でした。
真相は学長の座を狙う池渕が、不正入学のパイプを作りたい元文部科学省事務次官の柳本と組んで、岸本俊一の成績を改ざんし不正入学したように見せかけ、情報を流したのでした。

 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』3話「スポーツ代表選考に潜む殺意」

平均視聴率8.5%

メインゲスト

宮澤沙奈恵:秋元才加
鹿野博史:三浦貴大
北里亜香里:竹内愛紗
磯貝誠:六平直政
ミルコビッチ:フィフィ

スピードクライミング日本代表・宮澤沙奈恵が練習中、ロープが切れて怪我をし、代表を辞退することになりました。宮澤はパワハラが理由で辞めさせた磯貝元コーチが犯人ではないかと疑います。

真相は、自身がコーチを務める選手を勝たせたいミルコビッチと報酬が目当ての鹿野が共謀して、それほど実力のない北里亜香里を代表にするために宮澤を怪我させたのでした。

 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』を見た感想

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』3話までの放送を通して思うことは「アクションシーンが素晴らしい」ということでしょう。アクションシーンを見るためだけにあると言ってもいいほど、スカッと爽快です。

あまり運動神経がよくない身からすると、まるでワイヤーアクションを見ているようです。なんとなく憂鬱になりがちな日曜日の夜ですが、気持ちよく眠りにつけます。

レンがミスパンダになるには、パンケーキにシロップがカギですが、いくら気になる異性と一緒でも、毎度毎度パンケーキばっかりじゃイヤになってしまいそうです。

 

たまには違うお店にも行きたいと思うのが乙女心な気もしますが、恋愛に不慣れで純粋なレンには無用な心配でしょうか。

ミステリー要素としては少なく、犯人は犯人らしく、出てきた瞬間に「黒幕はこの人だな」ってわかってしまいます。

反面、直輝(横浜流星)の父(田中圭)の事件やレンのトラウマと家族関係、コアラ男と予想のつかない謎が複雑に絡み合っている部分もあります。

Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は実は法務大臣・佐島源造で、コンプライアンスを気にしなくてはいけない立場だったり、佐島の娘・あずさ(白石聖)がコアラ男に誘拐された過去を持ち、さらに直輝の恋人だったり。

 

佐島源造は、直輝や直輝の父のことを昔から知っているようです。どういう経緯で佐島源造と直輝が出会い、協力関係になるに至ったのかも気になるところです。

直輝サイドの人間模様は複雑です。

加えて、レンサイド(清野菜名)もかなり複雑そう。どうみても精神を病んでいそうな母(山口紗弥加)や、虐待されていたような描写があるレンの双子の姉・リコ。

そして3話の最後「レンはレンじゃないですよね?」レンの主治医である精神科医・門田明宏(山崎樹範)に、直輝が投げかけた衝撃的な質問。

門田は一体なにを隠しているのでしょうか。

 

爽快なアクションとちょっとのミステリー、複雑な人間関係に潜む謎。この3要素がこのドラマの軸になっていますが、バランスが崩れるととたんにつまらなくなってしまいそうな気もします。

 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』今後の考察

恐らく、直輝の父が追っていた事件は、佐島の娘・あずさが誘拐されたというコアラ男の事件なのでしょう。そして命を落とした。

Mr.ノーコンプライアンスとして、直輝と協力しつつ世の中のグレーな部分にシロクロをつけるという佐島の真意はわかりませんが、娘の誘拐事件が関係していそうです。

3話の最後の直輝のセリフやレンのトラウマを見ると、レンはレンではなく、虐待されていたであろうもうリコなのかもしれません。突然、囲碁で勝てなくなった理由も説明できます。

しかし、この複雑な謎ばかりのストーリーになってしまうとせっかくの痛快・爽快なアクションが少なくなりそうなので、あまりごちゃごちゃしてほしくない気もします。

 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』4話あらすじと放送日程

門田からレンの秘密を聞く直輝。直輝に好意を抱くレンは、直輝に好きになってもらえるよう、囲碁で日本一になろうと決意します。

そんな中、レンをライバル視してレンがバイトをしている囲碁喫茶に出入りする自称天才囲碁少女・楓(吉田美月喜)が通う中学で事件は起こります。

「涼太にいじめられた」という翔太はいじめを認めない涼太を鉄アレイをつけて縛り、ミスパンダに、いじめはあったのかなかったのか、シロクロつけてもらいたいと要求します。

Mr.ノーコンプライアンスと直輝はどうでるのか、ミスパンダは現れるのでしょうか。

第4話は2月2日(日)夜10:30から放送開始です。

 

無料でこの動画を見る方法教えます

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメの最新作まで13万本が見放題!
会員数200万人を突破した日本最大級の動画配信サービス!
見逃し放送も後でゆっくり見られます。

⇒動画はコチラ
31日間は無料体験可能です


コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました