松坂桃李がテレ朝『微笑む人』で狂気の殺人者に!衝撃のラストとは?

微笑む人
無料でこの動画を見る方法教えます

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメの最新作まで13万本が見放題!
会員数200万人を突破した日本最大級の動画配信サービス!
見逃し放送も後でゆっくり見られます。

⇒動画はコチラ
31日間は無料体験可能です


『微笑む人』主演:松坂桃李!殺人者の真実とは?

松坂桃李さんが演じる『仁藤俊実』は一流大学を出たエリート銀行員です。

柔らかに微笑み、妻子を大切にしているイメージの人物ですが、「本の置き場所が欲しかった」という理由で妻子を溺死・殺害します。

当初は妻子が死亡した事故の遺族でしたが、目撃証言により一転して殺人者として逮捕されることに。そして、仁藤に隠された過去が明らかになっていきます。

 

『侍戦隊シンケンジャー』で俳優デビューし、以降、映画やドラマでさまざまな役をこなす松坂桃李さんだからこそ、静かな笑みの中に壮絶な過去を隠した『仁藤俊実』という役を演じられるのではないでしょうか。

 

『微笑む人』で殺人者の過去をひも解く女性記者に尾野真千子

仁藤俊実とは以前から顔見知りで、『週刊毎潮』の記者・鴨井晶を演じるのは、『この世界の片隅に』で松坂桃李さん演じる北條周作の姉・黒村径子を演じた尾野真千子さん。

鴨井晶は子育てなどで一度は一線を降りた女性記者ですが、また第一線で活躍したいと家事を夫に任せて奮闘中。

 

そんなとき、娘同士が同じ幼稚園だったため顔見知りだった仁藤俊実の事件が起こり、「本の置き場所が欲しかった」という動機に疑問を抱きます。

取材を進めるうちに、仁藤の過去や本当の顔を知ることになります。

 

第一線で活躍したいという思いと家庭との両立という課題を抱えていそうな鴨井晶。

事件の真相を知りたいと取材にのめりこむうちに問題が起こる予感がします。

ストーリーは鴨井晶の視点で動くようなので、尾野真千子さんの演技に期待です。

 

『微笑む人』の脇を固めるのはベテランバイプレーヤー

ストーリーを支える人物の配役にはベテランバイプレーヤーが勢ぞろいです。

 

井上肇:生瀬勝久

『週刊毎潮』のデスクで、鴨井晶の上司。軽いキャラクターからは想像できない人脈を持っていて、取材のときには事件につながる証言を得られることも多い。

 

鴨井拓郎:小久保寿人

晶の夫。晶に代わり、家事・育児を担当する。

 

滝沢孝一:田中要次

仁藤俊実が収監された神奈川県横浜拘置所の刑務官で、仁藤のことを気にかける。

 

佐藤邦男:福田転球

鴨井晶とは昔からの顔見知り。神奈川県警津田原警察署の刑事で、仁藤の取り調べを担当。

 

梶原敬二郎:阿部亮平

仁藤が勤めていた銀行の先輩。周囲の評判はあまりよくない。

 

保坂保:薬丸翔

仁藤の銀行での後輩で、仁藤を尊敬していた。

 

カスミ:佐藤乃莉

仁藤の小学校時代の同級生で、キャバクラ勤務。

 

どんなドラマでもピッと締めてくれたり、ふわっと和ませてくれたりと自由自在な生瀬勝久さん。

厳しくもユーモアのある上司を演じてくれることでしょう。

また、仁藤が収監されている刑務所の刑務官役には『HERO』でもおなじみの田中要次さん。

コワモテだけど心優しい役がピッタリです。きっと、人情派の刑務官なのでしょう。

 

『微笑む人』は映像化不可能と言われたミステリー

 

「映像化不可能」もう使い古された宣伝文句ではあるのではないでしょうか。世の中には映像化不可能と言われた作品があふれています。

2012年に実業之日本社より刊行された貫井徳郎さんの最強ミステリー『微笑む人』も映像化不可能と言われた作品のひとつ。

映像化が不可能と言われるにはいろいろな理由があります。

 

・文章だから可能なトリックがある

たとえば、主人公がAさんだと思っている人と、ヒロインがBだと思っている人が実は同一人物だった、なんていうトリックは文章でないと成立しません。

映像にしちゃうと視聴者にはすぐわかってしまうし、顔を移さないようにしたとしても怪しいことこの上ないですからね。

 

・映像にするとエグい

かつて映像化するのは不可能と言われた作品の中には、規模が大きい・特殊な加工が必要などの問題がありましたが、最近はCGの力でカバーできるようになりました。

CGにより、たいていの文章は映像として再現することが出来るようになりましたが、だからこそあまりにエグい絵面になってしまうものを映像化するのは難しいと言われます。

 

・倫理的に問題がある

法やモラルに反するもの、実際の事件を連想させるものなども映像化は難しいと言われます。

サスペンスなどは法に触れる犯罪者がいて成立するわけですが、犯罪が倫理に反する内容だった場合、映像化するモラルを問われます。

さて貫井徳郎さんの最恐ミステリー『微笑む人』はどのような理由から「映像化不可能」と言われているのか、見てのお楽しみですね。

 

『微笑む人』監督は落合正幸さん

映画『パラサイト・イヴ』や『呪怨 -ザ・ファイナル-』、ドラマでは『沙粧妙子-最後の事件-』や『世にも奇妙な物語』など、サスペンスやホラーを多く撮られている監督さんです。

映像化不可能と言われる『微笑む人』をどう表現するのでしょうか。

『微笑む人』は3月1日(日)、テレビ朝日系で夜9時から放送開始の予定です。

 

無料でこの動画を見る方法教えます

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメの最新作まで13万本が見放題!
会員数200万人を突破した日本最大級の動画配信サービス!
見逃し放送も後でゆっくり見られます。

⇒動画はコチラ
31日間は無料体験可能です


コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました