今だからこそポムポムプリンの魅力を再確認すべし!

こげ茶色のベレー帽がトレードマークの、ゴールデンレトリバーの男のコ。
のんびり屋で、好きな言葉は「おでかけ」、嫌いな言葉は「おるすばん」。
特技は、お昼寝とプリン体操。
誰とでも仲良くなれちゃうこと。
将来の夢は、もっともっとおっきくなること。(公式サイトより抜粋)

 

ポムポムプリンとは?

1996年、サンリオキャラクターとして新たに誕生したポムポムプリン。
”プリン”という言葉のとおり、薄いレモン色の体にこげ茶色のベレー帽という見た目はまさしくプリンです。
”ポムポム”の由来は明言されていませんが、柔らかそうな丸っこい体からでしょう。
モデルはゴールデンレトリバーということですが、たしかにゆったりと構えている様子はなるほどレトリバーの性質そのものといえるでしょう。

当初はポムポムプリンのみでしたがその後、ねずみの”スコーン”やリスの”ベーグル”、うさぎの”パウダー”などの仲間が登場します。
中でも親友であるハムスターの”マフィン”は公式イラストでも最も共演数が多く、プリンと双璧を成す人気を得ています。

 

現在、ツイッターの公式アカウントではイラストが毎日投稿されています。
季節に合わせて仲間たちと流しそうめんをしたりお月見をしたりと、どれも微笑ましくて見ているこちらも思わず笑顔に。
イラストの中ではプリン自身はあまり言葉を発しませんが、彼に代わってか親友のマフィンにはいろいろとセリフがあります。

 

 

 

マフィンのセリフがとても可愛いので、それに対してプリンたちがどんな反応をするのかと想像するだけで楽しくなりますね。
またスコーンやベーグルたちもいろいろとリアクションをしているので、細かなところまで見てみるとよいでしょう。

 

ポムポムプリン、ゾンビになる?

2019年11月16日、11月30日。
ピューロランドにてミッションクリア型のホラーイベント「ポムポムプリンゾンビランド」が開催される予定です。
なんとプリンが毒キノコを食べてしまい、このままではゾンビになってしまう、というちょっとホラーな設定です。

イベントの目的はミッションをクリアして、グリーンゾンビからプリンを助け出すこと。
ちょっと怖そう……?
いえいえ、ご安心を。
ホラーといっても元々が可愛いマスコットキャラクターですから、お子さんが泣いて怖がるようなグロテスクなものではありません。
強いて言えば、ちょっと腐敗が進んだような緑色をしているだけです……。
さあ、あなたはゾンビに襲われずに無事にプリンを助け出すことができるでしょうか?

 

癒やしの空間! ポムポムプリンカフェ

原宿、横浜、名古屋、梅田にあるポムポムプリンカフェ。
プリンたちと一緒に楽しく過ごせる場所として作られたカフェには、オリジナル料理やスイーツ、ドリンクなどがあります。
またプリンたちと一緒に写真を撮ることができるフォトスポットや、グッズ販売のコーナーも設けるなど、プリンづくしのスポットです。

フードはお昼寝するポムポムプリンをかたどったオムライス、まんまる中華まんなどが人気です。
特に横浜店限定の中華まんと梅田店限定の関西風うどんには、プリンだけでなくマフィンも器にちょこんと乗っています。
スイートに関してはさすがにポムポム”プリン”というだけあって、そのままプリンとして出されるものも……(商品名もそのまま『ぼく、プリン』)。

原宿店、梅田店のみの販売となる『パンケーキタワー』には、かわいいマグカップも付いてきます♪
なお10月1日~10月30日の期間限定でハロウィン限定メニューが販売されます。(メニューは店舗によって異なります)
ハロウィンらしくドラキュラやガイコツをイメージしたパスタ、オムライス、スイーツがお目見え。

いつもは愛くるしいプリンもこの時ばかりは黒くなったり魔女に扮したりと、ハロウィンを楽しんでいるご様子。
さらに同期間中、飲食するとランチョンマットやコースターもプレゼントされます。
お近くの方は一度、寄ってみてはいかがでしょうか?

 

というわけでポムポムプリンの可愛さに迫ってみました。
ここでは紹介しきれませんでしたが、マフィンやパウダーの他にも仲間がたくさんいます。
探偵をしているプリンのパパ、ケーキ屋さんで働いているママ、さらにはプリンがちょっと気になっている女の子、”マカロン”など……。

YouTubeではショートアニメやプリンたいそうなどもアップされていますので、興味のある方はこちらも要チェックです。
(お勧めは『プリンプリン、たいそう?』。特に疲れたときに見ると癒やされます)
今やハローキティやマイメロディに並ぶ人気者となったポムポムプリン。
積極的にコラボもしていますから、これからもどんどん露出が増えていくでしょう。
あなたもプリンたちのとりこになってみませんか?

 

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました