新感覚の小説投稿サイト”ノベルアッププラス”は評価システムが面白すぎる!? 公式アカウントもノリノリで利用者急増中!!

ノベルアッププラスとは、誰でも簡単に小説を投稿でき、誰でも無料で小説を読めるサイトです。
小説投稿サイトは他にも”小説家になろう”や”カクヨム”、”エブリスタ”に”アルファポリス”など50以上のサイトがあります。

”小説家になろう”や”カクヨム”からは書籍化、ドラマ化、アニメ化されたものもたくさんあります。

ノベルアッププラスは株式会社ホビージャパンが運営する小説投稿サイトで、今年7月に正式オープンしました。
他のサイトと同様、ユーザーは自由に小説を投稿、閲覧することができます。
ただし性的な描写が強いものや二次創作はNGです。(二次創作に関しては今後解禁される可能性があります)

ジャンルに縛りはなく、ファンタジー系、ホラーやミステリーから、純文学まで幅広い作品が投稿されています。
読者は自由に作品を閲覧することができ、気に入った作品をブックマークしたり、後で続きを読むためにしおりを挟んだりできます。
ここまでは他の投稿サイトと変わりはないのですが……。

スタンプとコメントで応援! 独特の評価システムも

この作品は面白かった! この作者を応援したい!
そんなとき読者は作品に対してアクションを起こすことができます。
それがスタンプとコメントです。
スタンプはLINEスタンプのように作品に対して押すことができます。
(作品が第○章や第○話のように分割されている場合は、その分割された節ごとに押すことができます)

絵柄はさまざまあり、”面白かった!”というシンプルなものから、”褒めてつかわす”や”早く続きを書くんだ”などのメッセージが可愛いイラストに添えられています。
他方、コメントは文字で感想や作者へのメッセージを伝える方法です。

こちらにはアイコンやスタンプのようなものはなく、あくまで文字のみとなっています。
そしてどちらの方法であっても、”応援ポイント”と”ノベラポイント”というものを付け足して送ることができます。

応援ポイントはいわば票のようなもので所持している応援ポイントの中から 1~10,000 ポイントを自由に付加することができます。
このポイントは毎日ログイン時に 1,000 ポイント貰えるほか、有料サービス利用時にもおまけで付いてきます。
一方の”ノベラポイント”はいわゆる投げ銭と呼ばれるもので、あらかじめ有料で購入したポイントを送るというもの。

自作品にノベラポイントを送られた作者には、別途”貢献ポイント”というものが付与され、換金したりサイト内の有料サービスを購入したりできます。
これまでの投稿サイトでは読者が作者に気持ちを伝えるにはコメントを送るのが主流でしたが、短い文章であってもモノを書くことに慣れていない人にはハードルが高かったのです。
ですがスタンプであれば気軽に押すことができますし、その気持ちの大きさは応援ポイントやノベラポイントを付け足すことで表すことができます。

作者のモチベーション維持には読者からの反応が欠かせません。
読者が簡単に応援できるようになり、それを励みに作者が創作を続ける。
これら独自の評価システムが上手く作用し、活性化の好循環を作り出しているのです。

 

ノリノリ!? 公式アカウントがはっちゃけすぎ!

小説投稿サイトの運営者はサイト内の機能改善や問い合わせ対応を行う、いわば業務としてユーザーと接するのが通常です。
しかし”ノベルアッププラス”はツイッター公式アカウントが積極的に受発信をおこなっています。
新機能のリリースやコンテストの開催告知などのアナウンスをツイートしてくれるのですが……。
実はこの公式アカウントがかなりフレンドリーなのです。

ガイド兼看板娘として”ノベラ”という司書のようなキャラクターがとにかくツイートしまくります。
サイトとはまったく関係のない話題を出したり、ユーザーに突然リプしたり。
エゴサーチ能力もかなりのもので、”ノベルアッププラス”に関するつぶやきには敏感に反応します。

うどんが好きという設定があり、ユーザーたちはうどんの画像をアップしたり、敢えてそばの画像を送り付けたりとやりたい放題です。
とはいえふざけているばかりではありません。
自作品や”ノベルアッププラス”内の他作品をツイッターで宣伝紹介すると、ほぼ確実にリツイートしてくれます。
またツイッターを利用していないと思われる作者の作品も自発的に発信するなど、これまでの小説投稿サイトにはないフットワークの軽さを見せます。
こうして公式とユーザーとの交流が活発におこなわれていることもあって”ノベルアッププラス”は今、創作界隈で注目を集めています。

今や小説投稿サイトには質量ともに現物の書籍に負けないくらい多くの作品があふれています。
手軽に読める反面、その膨大な作品から好みのものを見つけるのが難しいのも事実です。
”ノベルアッププラス”はさまざまな検索条件が設定されているため、好みのジャンルに辿り着きやすい利点があります。
またオープンしてから日が浅いこともあり、他サイトに比べれば作者も読者もまたまだ少ないのが現状です。
今のうちにお気に入りの作者や作品を見つけ、スタンプやコメントで応援してみてはいかがでしょうか?

 

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました