『シャーロック』第2話でアイリーン・アドラー?菅野美穂の怪演がスゴイ!

シャーロック
無料でこの動画を見る方法教えます

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメの最新作まで13万本が見放題!
会員数200万人を突破した日本最大級の動画配信サービス!
見逃し放送も後でゆっくり見られます。

⇒動画はコチラ
31日間は無料体験可能です


『シャーロック』第2回GUEST

青木藍子(あおきあいこ):菅野美穂

ダーリントン法律事務所の弁護士。弱者救済に力を入れる聖女。

 

河本美沙(かわもとみさ):岸井ゆきの

ダーリントン法律事務所でアルバイトをしている。買い物依存で自己破産する際に、藍子に助けられた。

 

佐々木守(ささきまもる):内村遥

小学校教諭。遺体で見つかった『高橋博美』の元婚約者。

 

山下佐和子(やましたさわこ):三浦透子

兄が起こした事件で、弁護した藍子と知り合う。

 

第2話のあらすじとネタバレ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が若宮純一(岩田剛典)のマンションに転がり込む形でふたりの共同生活が始まりました。声を自在に変えられる変声機で若宮をもて遊ぶ獅子雄の元に、捜査一課の江藤(佐々木蔵ノ介)から連絡が入ります。

「魅力的なホトケだよ」

列車にひかれて亡くなった遺体。江藤の言葉の意味は?
獅子雄は興味を持てないまま遺体安置所へ足を運びます。当然のように若宮を連れて。

遺体の身元は『高橋博美』と推測されていたけど、遺体の手には身元不明を示す『0314』という番号が貼られています。この矛盾点こそが、江藤の言う「魅力的なホトケ」の意味でした。
しかし、獅子雄はまだ興味を示しきれません。

遺体は一体誰なのでしょうか。
また、身元とされた『高橋博美』はどこにいるのでしょうか。

『遺体なり代わりの謎』の真相を追う獅子雄と若宮は『高橋博美』には婚約者がいたことを突き止めます。

婚約者は小学校教諭の『佐々木守(内村遥)』。博美の免許証を見せられた佐々木は、それが博美であると認めるも、博美のことは何も知らないと言います。

結婚するに当たり、佐々木の両親が依頼した身辺調査で過去の不倫が明らかになったため、婚約を解消したようでした。獅子雄と若宮は、高橋博美が不倫で訴えられた際に弁護した青木藍子(菅野美穂)が代表を務めるダーリントン法律事務所を訪ねます。

高橋博美として提示した免許証を見て、藍子は「本人です」と答えます。
アルバイトの河本美沙(岸井ゆきの)が怪訝そうに見たことを、獅子雄は見逃しませんでした。

藍子がこれまでに担当した裁判記録を手に入れた獅子雄は、四谷で起きた殺人事件に目を付けます。

獅子雄は目を付けた四谷事件の犯人である山下に、取材と称して面会します。
山下には妹がいて、現在は行方不明になっているようでした。高橋博美の免許証を見せると、山下は突然激高し「佐和子をどこへやったんだ!」と叫びます。

獅子雄は免許証の女性は山下佐和子であると確信するのでした。

美沙に誘われ、会うことになった若宮は、ちょっとしたデートを楽しんでいました。
やがて、美沙がかつて自己破産して藍子に助けられたことを知ります。

「今日は楽しかった」という美沙に「なにか言いたいことがあるんじゃないの?」と問う若宮。

そして、免許証の写真は高橋博美ではないということを聞き出すことに成功します。獅子雄とレオ(ゆうたろう)は藍子が主宰するセミナーに潜入することに。

獅子雄に促され、藍子は過去に母が自殺してしまっていたこと、母の自殺に責任を感じていることを話します。

 

 

その後、高橋博美がすでに死亡していたことが発覚、死後1年半、死因は撲殺。

江藤は身元不明遺体314番が高橋博美を殺してなり変わったと言いますが、獅子雄は本物の高橋博美を殺した犯人は青木藍子だと推理します。そして、事件の真相に気付くであろう美沙が危険にさらされることに気付き、急いで美沙の元に向かい、藍子の前から無事に連れ出します。

藍子と二人になった獅子雄は、静かに推理した真相を語りだしました。新宿駅で列車にひかれた身元の分からない遺体、314番は、かつて藍子が弁護した殺人犯である山下のの妹、佐和子であること。

兄の事件でマスコミに追われ、別人になりたいと願う佐和子に、自分が殺した高橋博美の戸籍を用意したこと。

藍子は高橋博美がかつて不倫で訴えられたときに代理人となっていた際に、博美が藍子を「偽善者」と罵倒したことにカッとし、撲殺していたのでした。「虫けらでも助ければ、少しは私も救われると思ったけど、虫けらって人に甘い顔をされたら最後まで蜜を吸いつくす害虫になるの」

人は自分で立ち直るしかない、そう話す藍子を獅子雄は「美しい」と言って笑うのでした。「佐和子は自殺じゃないと思うんです」と藍子に話しかける美沙に、冷たい表情で「だから何?」と言い放つ藍子。

聖女の仮面を脱いだ藍子は、獅子雄に不敵な笑みを見せ、警察に連行されていきました。

 

『シャーロック』第2話の感想

重々しくバイオリンの音色から始まった第2話でした。

身元なり代わりの謎というテーマでしたが、途中で佐和子なのか博美なのか314番なのか混乱してしまうところもありました。

今回のゲスト、菅野美穂さんの演技が素晴らしく、聖と悪をあわせ持つ妖艶な美女でしたね。

原作のシャーロック・ホームズにおいて唯一ホームズを出し抜いた美女、アイリーン・アドラーをイメージしているのでしょう、獅子雄に「美しい」と言わしめていましたね。

ボクシングを嗜んでいたホームズに寄せて、獅子雄はサンドバックを叩くし、美しくバイオリンを弾くシーンもありました。バイオリンは吹き替えではなく、ディーン・フジオカさんが必死に練習して習得したようです。さすがですね。

若宮が美沙に「そんなにモテる自信ないよ」って言うシーン。
「いや、モテるでしょ!」で全視聴者からツッコミが入ったに違いありません。

 

期待が高まる『シャーロック』第3話

『シャーロック』第2話はバレーボール中継延長の関係で50分遅れの放送となったにもかかわらず、期待の持てる数字となっています。

アイリーン・アドラーが出てきたからにはモリアーティも出てくるのか、次はどんなホームズリスペクトがあるのかと、シャーロキアンも興奮を隠せないかもしれませんね。『シャーロック』第3話は通常通りの夜9時からの放送です。ゲストは『伊藤歩』さん。次の放送が楽しみです!

 

 

無料でこの動画を見る方法教えます

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメの最新作まで13万本が見放題!
会員数200万人を突破した日本最大級の動画配信サービス!
見逃し放送も後でゆっくり見られます。

⇒動画はコチラ
31日間は無料体験可能です


コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました