あるあるリアル「生田家の朝」 普通の朝が一番幸せ!

生田家の朝

 

「生田家の朝」は2018年12月に放送されたドラマの第2弾だそうです。
1話完結で7分というコンパクトさ、ドラマと実際の時間が同じ時間軸で進んでいくところ、そして何より普通のサラリーマンの家庭の朝というところに惹かれて見てみました。

企画・プロデュース・音楽は福山雅治さん。脚本はバカリズム。
朝から福山さんの声が聴けるって、それだけでもう幸せですねー

生田家のパパはユースケ・サンタマリアさん。普通な感じがピッタリですね。
さばさばしたママは、尾野真千子さん。「令和元年版 牡丹灯篭」とは、全く違った役どころですが、
これまたピッタリです。

長女のみなちゃん、長男のさとるくんは、オーディションで選ばれた子役さんだそうです。
自然な演技がこれまた普通っぽくていいですね。

 

 

まず思ったのが、リビングが散らかっててリアル!(笑)
他のドラマでは綺麗に片付いた部屋ばかりが登場しますが、生田家は違います。

クッションやら、子供の習い事の道具やら、整理整頓されることなく乱雑に置いてあります。
それがとてもリアル!実際、中学生と小学生の子供がいる家庭で、綺麗に整理されている家の方が少ないと断言できます!
もうこのリビングだけで親近感MAXです。

 

7分、しかも朝の出勤前という同じシュチエーションで毎日違う話というのは、意外と難しいと思います。
コントではないので、ボケやツッコミも入れられない。脚本は、かなり難易度高いと思いますねーお笑いのバカリズムさんだからこそできる脚本なのではないでしょうか。

 

ここで最近の話ごとに振り返ってみましょう。

「生田家の朝」 第7話「早苗の行動」

夫婦の駆け引きが面白かったですね。
パパがママに意見するときに、ママの機嫌やタイミングを見計らって話しかけるところとか、わかる〜
で、自分のことを指摘されたママがパパに反撃するところ、そしてそれに子供も同調するところもリアルすぎて笑えます。
ここでパパが負けるということは、生田家のトップはママということですね!
こういうところでその家の勢力がわかる気がします(笑)

 

「生田家の朝」 第8話「記念日」

最近よく目にする〇〇記念日について会話する夫婦。
ここではママが楽しく話したいのに、パパが真面目にコメントするもんだからグーの音も出なくなってつまらなくなってしまいます。
こういうの、男女間ではしょっちゅうですよね?
「今、そんな真面目なコメント求めてないのに、、、空気読めないのか?」って思っているママたち、たくさんいると思いますよ〜

 

「生田家の朝」 第9話「緊急事態」

ママが風邪を引いた!緊急スケジュール発動だ!
緊急スケジュールとは、パパ、みな、さとるの3人で遅刻せず出かけることを最優先するスケジュールでした。
これは演出が面白かったですねーウチもそうだけど、ママ(私)がいない方が意外とちゃんとできるんですよねー
じゃあ、いつもやれよって言いたいですよね(笑)結局ママに甘えてるんですよねー
でもこっちもズルしてますけどー(笑)

 

「生田家の朝」 第11話「リモコン」

朝、テレビのリモンコンが見つからない。朝起きたら一番にテレビをつけるというご家庭は困りますね!
テレビがないから会話しようとパパが言いますが、なかなか話が繋がらない。
そして結局リモコンが見つかり、会話がぎこちなくなって一番テレビをつけたがるのはパパというね、、、
家にいる時間が少ない分、パパとはなんとなく会話がぎこちなくなりますよね。あるあるです。

 

第12話は物を捨てられないママの話らしいです。

これもあるあるなんですよね。いつか使うかもと思ってとっておくんですが、その「いつか」はなかなかこないんです。で、思い切って捨てちゃうと、それを使える時が来て後悔する。そしてまた捨てられなくなるんですよねー(T.T)
これもあるあるです。

 

企画の福山雅治さんの家庭でも、こんな朝が繰り広げられているんでしょうか。
いや、福山さんの家庭はきっと普通じゃないハズですね(笑)だってパパが福山さんでママが吹石一恵さんですから。それだけでもう普通じゃないですよね!

脚本のバカリズムさんも私生活はそうとう変わっている方らしいです。
彼らは、一体どこから普通のネタを仕入れているんでしょうか?

今後も普通の家庭で繰り広げられるあるある話が展開しそうです。
10月1日から放送されていたということなので、もっと早くから見ていればよかったなあと思いましたよ。

全20回ということですから、今月いっぱいは放送されるんでしょうね。
7時50分から「生田家の朝」をみて、そのままNHKの朝ドラへ黄金のリレーができそうですね。
朝の忙しい時間ですが、元気になれるドラマです!まだ見たことがないという方は、ぜひ一度見てみてくださいねー

 

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました